HOME>記事一覧>交通事故の示談交渉なら弁護士に交渉を依頼【適切な対応を実現】

弁護士へ仕事を依頼する時の相場

相談料は、30分5000円が相場ですが無料の場合もあります。委任契約をすると弁護士費用はざっくりと言って、着手金と報酬金及び実費を支払います。着手金は案件にもよりますが20~30万円、報酬金は獲得利益額によります。

弁護士が対応できるトラブルの種類

ジャッジガベル

相続による紛争の解決

非相続人の死亡によって相続が開始すると、複数の相続人の間で争いが生じ、両者が感情的になって解決が難しくなることがあります。そこで、法律の専門家である弁護士が中立に対応することで、両者の利害を調節して円満に問題を解決します。

交通事故の示談交渉の解決

交通事故の示談交渉をするためには、先方の保険会社の担当者との交渉や、裁判における法的な抗弁や交渉に専門的な知識や経験が必要です。交通事故の分野で実績のある弁護士であれば、有利な結果に導いてくれることでしょう。

借金による問題を解消する

借金の返済が不可能になりそうな場合において、最適な問題解決をするためには法的な専門知識や経験が必要となります。また期限が定められている問題もあります。取り返しのつかない事態になる前に、専門家である弁護士の判断が必要になる場合があります。場合によっては過払い金が発生しており、借金の返済がゼロになるケースもあるのです。

交通事故の示談交渉なら弁護士に交渉を依頼【適切な対応を実現】

法律書

実績のある弁護士を探す際のヒント

信頼できる知人や体験者から弁護士を紹介してもらったり、もしくは弁護士会や地方自治体に相談してみたりする方法もあるでしょう。ただし間に人をたてると、気を使ってしまうかもしれません。
そこでインターネットを活用することで、自分の都合の良い時間帯や指定した条件で、望む弁護士を捜すこともできます。尚、解決したい分野に精通している弁護士を指定すると、よりスムーズに問題解決に取り組むことができるでしょう。尚、横浜の弁護士などのように、エリアを指定することも可能です。