相続問題が発生したら弁護士に相談

非相続人の死亡によって相続が開始したら、遺産相続に関する手続きや相続人間の争いを整えるために弁護士に相談することをお勧めします。法的な判断が必要なケースも多く、期限があったり争いが起こりやすい相続人の間の問題を整える役目を担ってくれたりするからです。

個人で問題解決を目指す時と弁護士に依頼して問題解決を目指す時の違い

紛争解決を第三者視点で解決

相続問題や離婚協議など当事者間では、感情的になって適切な解決ポイントが見出だせないことがあります。個人で対応すると拗れてしまうこともありますが、弁護士なら第三者視点で両者の利害を調節してくれて有利です。

問題解決を適切な方向へ調整

法律的な観点から、問題解決の道筋を示してくれるのが弁護士です。しかし、一般の個人が対応しようとすると、そもそも解決ための方向がズレて時間が無駄になったり、解決できなかったりする事態になりかねません。

もめやすい相続問題は弁護士の協力でクリア【的確な対処を指南】

天秤

まずは無料相談をしている弁護士をチョイス

弁護士に法律相談をお願いすると、30分あたり5000円が相場と言われています。しかし、個々の事務所の方針によって、必ずしも毎回5000円が徴収されるわけではありません。
初めてのクライントが利用しやすいように法律相談に関しては、毎回もしくは初回のみを無料にしている法律事務所もあります。これなら慣れていない初心者であっても、心理的なハードルが低くなり利用しやすくなりますので、最初は無料相談で対応してくれる弁護士を探してみましょう。

男性弁護士

弁護士に依頼して解決するメリット

法律が関係するトラブルの解決を個人で対応することも、もちろん可能です。しかし法律のプロである弁護士に依頼することで、依頼者にとって最も有利な解決方法を提示してくれます。相手方との交渉や裁判所における主張内容も然りです。
また個人で対応するには、心理的な負担に加えて法律の専門的な知識や実務能力が不足している場合が多く、満足に対応できるようになるためには時間や手間がかかります。したがって、弁護士に依頼することの意義があります。

相談

相談を持ちかける弁護士の選び方

法的な問題の解決方法について、本当に欲しい解決案の提示がなされることが大切です。そこで、専門家にありがちな難しい説明ではなく素人にも分かりやすいことが望ましく、そんな弁護士が相談しやすいでしょう。また問題解決に対して、疑問や不安に対して親身に相談に乗ってくれることも大切です。
さらに相談しようとしている問題の分野に精通していることが重要です。法律のプロである弁護士であっても、得意とする分野や専門分野があり、実績が豊富であることが大切だからです。

弁護士に相談した方が良い相続トラブル

ジャッジガベル
no.1

遺産分割協議が整わない

相続人間で遺産分割協議が不調な場合に、弁護士が間に入ることでスムーズに事が運びます。

no.2

生前贈与が行われている

特定の相続人に対して生前贈与があった場合、遺産に合算すべきか判断したい時に相談してみましょう。

no.3

代襲相続が発生するケース

相続人がすでに死亡している場合、代襲相続が発生すると複雑な判断を要する時に相談してみましょう。

交通事故での示談請求ならここへ相談!

相続で困った時は川越の弁護士事務所へ☆

大阪で相続手続きをサクサク進めよう♪

債務整理なら福岡の事務所へ☆

広告募集中